判例(解雇)

March 01, 2019

ハンダーダグラスジャパン事件

ハンダーダグラスジャパン事件‐東京地判 平30・6・8 労働経済判例速報2365号18頁

【事案】
 転居命令に従わなかったことを事由として解雇されたXが,Yに対し,地位確認等を求めたもの。

【判断】
「(1)ア 憲法22条1項は「何人も,公共の福祉に反しない限り,居住,移転及び職業の選択の自由を有する。」としており,同条は民法90条を介してXとYの労働関係にも一定の拘束力がある。しかし,Yの就業規則には,Yは,「その判断で社員の配置転換又は転勤を命じることができ」(10条),「業務上の必要若しくは従事する職務の変更を命じることがあ」り(13条),「人事異動により居住地の変更を要する場合の取り扱いは別に定める」(15条)との定めがあるから,Yは,Xとの個別の合意なくしてXの勤務場所を決定し,勤務先の変更に伴って居住地の変更を命じて労務の提供を求める権限を有する。
 イ さらにその権限に基づき,使用者は,配置転換等の業務上の必要に応じ,その裁量により労働者の勤務場所や居住地を決定することができる。しかしながら,転居は,一般に,労働者の生活関係に少なからぬ影響を与えずにはおかないから,使用者の転勤命令権(転居命令権)は無制約に行使することができるものではなく,これを濫用することは許されないことはいうまでもない。転勤命令(転居命令)につき業務上の必要性が存しない場合又は業務上の必要性が存する場合であっても,当該命令が他の不当な動機・目的をもってなされたものであるとき若しくは労働者に対し通常甘受すべき程度を著しく越える不利益を負わせるものであるとき等,特段の事情の存する場合でない限りは,当該命令は権利の濫用になるものではない。そして業務上の必要性については,労働力の適正配置,業務の能率増進,労働者の能力開発,勤務意欲の高揚,業務運営の円滑化など企業の合理的運営に寄与する点が認められる限りは業務上の必要性が肯定される。(転勤命令につき,最高裁判所昭和59年(オ)第1318号同61年7月14日第2小法廷判決・裁判集民事第148号281頁参照)。
 (2) 本件について業務上の必要性をみるに,Yは,往復6時間の長時間勤務は,Xの健康不安,疲労や睡眠不足による工場内事故の危険,通勤途中の事故や交通遅延の可能性の増大,残業を頼みにくい不都合等から,YはXの長時間通勤を長期間放置することはできず,本件転居命令には業務上の必要性がある旨主張する。しかし,…本件転居命令は,本件配置転換の約1年後に出されたもので,Xは,その期間,転居せず自宅から茨城工場に通勤していたこと,Xの茨城工場での業務内容は梱包作業であり,早朝・夜間の勤務は必要なく,緊急時の対応も考え難いこと,X不在時には他の従業員がXの業務に対応することができたこと,Xに残業が命じられることはなかったこと,Xは,片道3時間かけて通勤しているが,交通事故のために休職した期間と一度の電車遅延による遅刻の他は遅刻や欠勤はなく,長距離通勤や身体的な疲労を理由に仕事の軽減や業務の交替を申し出たこともほとんどなかったことが認められる。そうすると,Xが転居しなければ労働契約上の労務の提供ができなかった,あるいは提供した労務が不十分であったとはいえず,業務遂行の観点からみても,本件転居命令に企業の合理的運営に寄与する点があるとはいえず,業務の必要性があるとは認められない。
 また,Yは,AP事業部の再開が見込まれないため,Xが東京勤務になる見込みがなく,今後も継続して長時間通勤をXに課すことは,労働契約法や労働安全衛生法上不相当であると主張する。しかし,単身赴任による負担と長時間通勤の負担とを比較すると,一概に後者の負担が重いとも断じ難いし,企業の安全配慮義務の観点からも,XにYが赴任手当等の金銭的負担(就業規則や旅費規程に則った合理的なもの)の上で転居する機会を与えているのだから,安全配慮義務を一定程度果たしているといえ,それを超えて転居を命令する義務があるとまではいえない。したがって,Yの上記主張は採用しない。
 以上によれば,本件転居命令には業務上の必要性があるとは認められず,Y上記主張は採用しない。
 なお,Xは,本件転居命令には,不当な動機・目的や,転居により通常甘受すべき程度を著しく越える不利益をXが被ると主張するが,それらを認めるに足りる証拠はない。
 (3) 以上によれば,本件転居命令は,業務上の必要性を欠き権利濫用であって無効である。そうすると,Xは本件転居命令に従う義務はないし,本件転居命令に従わなかったことを理由とする本件解雇は,客観的合理的理由を欠いており,社会通念上も相当であるとは認めがたいから,本件解雇は労働契約法16条により無効である。」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
labourcouncil at 00:00|Permalink